まずは『受給条件』を確認ください。

①従業員に対して雇用保険、社会保険を払っている
     ⁂社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでもOK

②会社都合により従業員の解雇を半年以内にしていない

③残業代未払い等、労務違反を犯していない


以上の条件に適合していれば



一番簡単でもらいやす助成金はキャリアアップ助成金です。





 正社員転換コース
(キャリアアップ助成金)

 人事評価等改善コース

 健康づくり制度導入コース

 出生時両立支援コース

 介護離職防止支援コース

 諸手当制度共通化コース

 賃金規定等共通化コース

 特別育成コース

期間限定
 勤務間インターバル導入コース

助成金のまとめ
 全部申請出来たらいくら貰えるの?

















































































有期雇用従業員を正社員にする

⁂パート、契約社員含む
〇半年以上3年未満雇用している従業員を無期雇用にする。
〇今雇用している方、これから雇用する方いずれも対象
〇20名まで助成金対象

     補足
雇用契約切替後『半年』経過後に受給可能
すでに3年以上雇用しているアルバイトは対象外
有期雇用時期と比較し、基本給を『5%増額』させる

 半年~3年          半年 
有期雇用時期  契約切替  正社員契約期間 
 月給20万         月給21万円
 57万円✖人数

                                  戻る











評価、昇給基準を作成し平均2%昇給する



〇昇給タイミングは来年度でも可能
〇人事評価基準と賃金テーブルを作成する
例:月25万円→25.5万円
50万円/社

 各種要件満たすとプラス80万円


                                  戻る













正社員が下記いずれかを受診後、翌年度に離職者0名を達成


〇人間ドック(費用が高い)
〇腰痛健康診断(診断可能な医院少ない)
〇生活習慣病予防検診(歯周病予防検診がオススメ)
50万円/社
(離職率改善と生産性向上で成果報酬)




                                   戻る



















男性従業員に子供が生まれた後、連続5日以上育休を取得


〇土日を含む連続5日間でも適用
〇子供が生まれた後8週間以内に開始する

57万円/社

 生産性向上で成果報酬プラス15万円






                                   戻る
















介護休暇を連続1ヶ月以上、または合計30日以上取得


〇介護に直面した従業員がいる事業主対象
〇介護休業終了後は、現職へ復帰させる


57万円/社

 生産性向上で成果報酬プラス15万円






                                   戻る



















有期労働者と正規労働者と共通の諸手当制度を新たに導入


➀1事業所当たり 38万円
➁対象労働者1人当たり 1万5千円 ⁂2人目以降
➂諸手当1つごとに16万円 ⁂2つ目以降から

手当一覧
1.賞与
2.役職手当
3.精皆勤手当
4.食事手当
5.単身赴任手当
6.地域手当
7.家族手当
8.住宅手当
9.特殊作業手当 特殊勤務手当
10.時間外労働手当 休日労働手当


正社員1名 有期雇用3名  手当3つ追加
73万

                                   戻る















有期社員と正規社員、共通の賃金規定を新たに導入



➀1事業所当たり 57万円
➁対象労働者1人当たり 2万円


正社員2名 有期雇用2名
61万




                                   戻る


















OUT(実習)とOFF-JT(座学等)と相互に密接に関連させながら、効果的に組み合わせて行う訓練です。



➀【OJT】実施助成  1人/1時間当たり 760円「960円」
➁【Off-JT】実施助成 1人/1時間当たり 760円「960円」
➂【Off-JT】経費助成 1人/研修時間数に対して
     100時間未満15万円
     100時間以上200時間未満30万円
     200時間以上50万円


有期雇用方1名 750時間研修をした場合
57万




                                   戻る


















【勤務間インターバル】とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の『休憩時間』を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康維持や過重労働の防止を図るものです。



インターバル助成金対象取組例
1.就業規則制作
2.労使協定制作
3.労働管理担当者に対する研修
4.労働者に対する研修
5.9時間以上11時間未満空ける


1事業所当たり75%(経費助成)

 最大50万まで助成




                                   戻る


















 受給額 350万円以上が可能です




基本助成金
  正社員転換コース     【57万円】

正社員向け
  人事評価等改善コース   【50万円】
  健康づくり制度導入    【57万円】
  出生時両立支援コース   【57万円】
  介護離職防止支援コース  【57万円】

アルバイト向け助成金
  諸手当制度共通化コース  【38万円】
  賃金規定等共通化コース  【57万円】
  特別育成コース      【57万円】

期間限定
申請補助
  勤務間インターバル導入コース 
   就業規制含む初期費用の75%助成
 ⁂終業から次の始業までの時間を9時間以上空けるだけ!!!





                                   戻る