親子重

江戸時代創業250余年の老舗、東京人形町にある鶏料理専門店「玉ひで」に於いて五代目当主の妻「山田とく」が125年前、すき焼きの残りの割り下で玉子を煮てご飯とともに召し上がるお客様の姿をヒントに考案したのが「親子丼」の発祥と言われています。

当時は生卵を食す習慣がなかったため、60年ほど前まで、完熟状態で提供去れていました。

その後卵でとじた現在の親子丼が生まれ、良質なタンパク質をたくさん摂取できる「健康食」として

 

〇親子丼は、丼物の中だは最も低カロリーで、カツ丼の2/3のカロリーといわれています。

〇鶏肉はゼラチン質が多く、コラーゲンがたっぷり含まれ、卵には杭酸が豊富なため、美容効果抜群

〇卵はすべての必須アミノ酸によって構成される「良質なタンパク質」を豊かに含んでおり、ビタミン・ミネラルのバランスがとても良いので、完全食と言われています。

〇卵の健康・美容効果として、「肌の活性化」「生活習慣の予防」「生活習慣の予防」{風邪の予防」「ガンの予防」「二日酔いの予防」「美肌」などがあります。